宣教部


日本キリスト教団関東教区は1950年に、上越教区(新潟県、群馬県の教会で構成)と関東教区(栃木県、茨城県、埼玉県の教会で構成)が合併して成立しました。太平洋から日本海までの広範な地域を管轄しています。

地域に立てられている各々の教会は、広範な地域に点在しているため、教会間の意思疎通が不十分である等課題を抱えています。また、各々の教会の規模は様々で、百人規模で礼拝を献げている大規模な教会もあれば、十人程度で礼拝を献げている小規模の教会もあり様々です。しかし、各々の教会は、規模の大小に関係なく、立てられた地にあって主イエスキリストによって命じられた宣教の業に、一生懸命励んでいます。教区宣教部では、様々な活動を通して、各教会の連絡調整や宣教のサポートを行う活動を展開しています。

  宣教部組織

宣教部委員会:宣教部に属する各委員会・団体によって構成され、教区の宣教活動を担う中核的な組織です。
宣教部委員会のもとに以下の委員会・団体が活動しています。
  伝道関係:ナルドの壺献金推進、教誨師・保護司活動、開拓伝道協議会
  教育関係:教会関係幼児施設保育者協議会、教会高校生・青年活動、五地区青年連絡協議会
  社会関係:社会活動協議会、女性と男性が共に宣教を担うための地区連絡会
  自主活動団体:全国教会婦人会連合


  ☆ナルドの壺献金にご協力下さい!

一人1日10円を目標に、教区内の信徒・教職が参加して互助費を生み出すことを目的とした献金運動です。新約聖書マルコによる福音書14:3に記されている主イエスに香油を捧げた女性の事柄にちなんで「ナルドの壺献金」と名付けられました。多くの方々の参加により、昨年度は1200万円の献金が献げられ、互助費として用いられました。更に多くの方々の参加により、互助を充実させることが出来ます。是非ご協力下さい。献金は各教会を通して教区に献げられます。

☆ナルドの壺献金は
@教会財政が厳しく教師謝儀を差し上げるのが困難な教会・伝道所に対して謝儀互助として用いられます。
A病気・入院など教師に緊急事態が発生し、経済的に厳しくなった場合に緊急互助として用いられます。
B財政的に困難で「教団退職年金」に加入できない教師への補助として用いられます。


  2016年度宣教部活動計画

1.ナルドの壺献金運動の推進をはかる。
 (1)「ナルド通信」を発行し、ナルドの壺献金状況を伝える。
 (2)2016年度の献金目標12,000,000円の達成に努める。
 (3)互助を受けている教会及び教師と懇談会(隔年)を持ち、伝道の課題を話し合う。
 (4)ナルド担当者の再結成等(名称も含めて)、各地区・教会・伝道所でのナルドの壺献金運動のさらなる推進に取り組む。

2.少子・高齢化社会の中、教会・伝道所の直面する宣教(伝道・教育・社会等)の諸課題に取り組むと共に、小規模教会、青年伝道、子ども伝道等への取り組みを支援する。

3.東日本大震災被災地・被災教会、アジア学院等の復興支援に引き続き取り組むと共に、原発問題を宣教の課題の一つと位置づけて、「原子力発電からの脱却を求める関東教区声明」に基づき、脱原発に取り組む。教区「東日本大震災」被災支援員会と連携し、ボランティア派遣等に取り組む。核廃絶に取り組む。環境を守るための取り組みを図る

4.関東教区の宣教を考える集い(宣教綜合協議会)を開催する。
  ・日時:2016年7月18日(月、休日) 午前10時〜午後4時00分
  ・会場:埼玉新生教会 (埼玉地区)
  ・主題:「教会と子どもPart2」−イキイキとした礼拝・イキイキとした子ども
「こどもさんびか」改訂版(日本キリスト教団出版局)を歌い、子どもに開かれた礼拝を学びたい。また、教会から子どもが減り、教会学校が開けない現状の中で、子どもを育てていくための試みを紹介し合い、学び合いたい。子どもたちにも参加を呼びかけたい。
  ・出席者:教区内諸教会伝道所の信徒と教師。教区三役、常置委員会構成者、宣教部委員。

5.新たに関東教区に着任された教師の「新任教師オリエンテーション」を開催する。
  ・日時:6月20日(月) 午後1時〜21日(火) 正午
  ・会場:狭山教会 (埼玉地区)
  ・対象:2015年6月〜2016年5月の間に関東教区の教会・伝道所,学校,施設に就任した教師
  ・費用:教区負担  ・主催:常置委員会、宣教部、教師部
  ・内容:関東教区の機構と宣教の諸課題を紹介すると共に、狭山事件と冤罪についての学びを深める。

6.教会・伝道所の諸課題を共有し、地区との連携を求めつつ、宣教部としてできることを検討し支援に取り組む。また、関東教区の宣教をどのように進めていったらいいのかを検討し、何らかの提言にまとめたい。伝道・教育・社会の従来取り組んできた活動は、担当者を中心として、宣教部全体で取り組む。各地区の宣教の取組みの共有をはかるために、地区長・地区委員長との話合いの場を設けたい。
@「宣教部だより」を発行する。
A伝道担当者を中心とした取り組みを推進する。
  〇ナルドの壺献金運動を推進する(「ナルドの壺献金Q&A」「ナルドマップ」の作成・利用)。「関東教区お祈りカレンダー」を作成し、教区の連帯を深める。
※2016年度お祈りカレンダーを見る ⇒ ここをクリック (必要に応じてダウンロードして印刷してください)
 B教育担当者を中心とした取り組みを推進する。
  〇教区K.K.S.(教会、高校生、青年)キャンプを開催する。
  〇「五地区青年の集い」を開催する。
 C社会担当者を中心とした取り組みを推進する。 
  〇社会活動協議会を開催する。
  〇個人の尊厳を守るために人権の諸問題(障がい者差別、ハンセン病・元ハンセン病患者の人権回復、民族差別、性差別、子どもの人権侵害)に取り組む。
  〇辺野古新基地建設反対運動に連帯する。そして、沖縄をはじめとする基地問題に取り組む。
  D新潟地区十日町教会を会場に、「雪掘りキャンプ」を開催する。

7.上記以外の諸課題については、宣教部所管委員会や、常設・特設委員会と連携して、取り組む。
〇「開拓伝道協議会」開催と「教誨師、保護司活動」を支える。
〇キリスト教保育に取り組む教会幼稚園・保育園の直面する課題諸課題を、「教会関係乳幼児施設保育者協議会」と共に取り組む。
〇セクシャル・ハラスメント、パワーハラスメントを教会の課題として受け止め、防止のための取り組みを「女性と男性が共に宣教を担うための地区連絡会議」と共に取り組む
〇自民党による新憲法草案等、ますます国家主義的傾向を強め、憲法改悪の動きが強くなる状況にあって、国家と教会の関係において、「平和憲法」(日本国憲法9条)、基本的人権としての「信教の自由」(同20条)を守るための取り組みを、「論憲ネットワーク」「靖国・天皇制問題委員会」と共に取り組み、平和を実現する者として見張りの務めを果たす。
〇部落差別問題への取り組みと、狭山事件の再審の実現を、「部落解放推進委員会」と共に取り組む。

8.これまでの積み重ねに学びつつ、災害発生に備えて救援対策を研究・整備する。

9.教区の機構を検証し、時代に適応した宣教体制を整える。

10.関東教区教会婦人会連合と宣教協力を進める。